レクサス 年次改良で成熟度が増す!

レクサス 一部改良車が続々登場!

7月、8月は一部改良のモデルが続々と登場しました。時系列順に紹介していきます。

①NX (2020年7月)

NXはレクサスの中でも主力車種になりますが、そんなNXが今回の一部改良ではメーカーオプションだったパーキングサポートブレーキが標準装備されて安全性が向上。また、他の車種も順次対応していますが、マルチメディアシステムはSmartDeviceLink・Apple CarPlay・Android Autoに連携可能となりました。

NX

NXは一部改良と併せて、二種類の特別仕様車、「Spice & Chic」「Cool & Bright」が発売されました。
「Spice & Chic」は「I Package」がベースで、インテリアカラーにはグリムゾンカラーベースとブロンズカラーベースの専用カラーが設定されており、どちらも上品なカラーコーディネートです。

nx

グリムゾンカラーベース

nx

ブロンズカラーベース

もう一つの特別仕様車「Cool & Bright」は、「F SPORT」がベースとなっています。

nx

シートやステアリング、シフトブーツなどに「F」シリーズで使用されているブルーステッチが施され、インテリアはスポーティーな印象です。

nx

ブラックスパッタリングのアルミホイールが、個性的でカッコイイです。

nx

Spice & Chic」と「Cool & Bright」は共に魅力度の高い特別仕様車なので、どちらを選ぶか非常に悩ましいところです。

②RX (2020年7月)

NXの兄貴分のRXも一部改良があり、メーカーオプションだったパーキングサポートブレーキやブラインドスポットモニターが、全車に標準設定されました。安全装備の充実は事故の予防や軽減に繋がるので、車種を問わず今後も積極的に設定してほしいです。

rx

③ES (2020年8月)

2018年に発売して以来、初の一部改良です。量産車として、世界初のデジタルアウターミラーを採用した車両として話題にもなりましたが、このミラーはこれまで「version L」のみのメーカーオプションでしたが、「F SPORT」にも追加設定されました。「標準仕様」はまだ未設定のようです。上述のRXと同様に、パーキングサポートブレーキやブラインドスポットモニターの安全装備は、全車標準設定となりました。

es

デジタルアウターミラーの装着率は、あまり高くないとディーラーから聞いておりますが、今回の追加設定で装着率が増えることを期待したいです。

デジタルアウターミラー

④CT (2020年8月)

CTは2011年に発売され、途中マイナーチェンジや特別仕様車の登場はありましたが、フルモデルチェンジすることは一度もなく、現在まで販売されています。上述のNXと同様に、パーキングサポートブレーキを全車に標準設定。ボディカラーは3色追加されました。

ct

以上が7、8月に一部改良したモデルですが、安全装備の充実が図られたのは嬉しい限りです。こちらに記述していない改良点もあるので、気になる点があれば、レクサスHPも併せて確認してみてください。
レクサスHPはこちら→LEXUS

「出典:LEXUS、「NX」に特別仕様車“Spice & Chic”および“Cool & Bright”を設定
「出典:LEXUS、「RX」を一部改良
「出典:LEXUS、「ES」を一部改良
「出典:LEXUS、「CT」を一部改良

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です