日産「GT-R NISMO」2022年モデルは既に完売!?

「GT-R NISMO」 価格が発表されましたが、もう買えない…

2021年8月、4月に先行公開した「GT-R NISMO」と特別仕様車「GT-R NISMO Special edition」2022年モデルの価格が発表されました。

GT-R NISMO:24,200,000円
GT-R NISMO Special edition:24,640,000円

ところが、日産公式HPでは「既に予約注文台数が予定販売数量に達したため、オーダーを終了しております」と表示されており、2400万円もしますが、予約の段階で完売する人気の高さです。

GT-R NISMO

GT-R NISMO Special edition

展示車の「GT-R NISMO Special edition」をチェックしようと思います。
NISMO専用のエアアウトレット付のフロントフェンダーや、フロントバンパーはカーボン製となっており、ダウンフォースや軽量化が期待できる装備です。また、カーボンファイバーの織り目が見やすくなったクリヤー塗装のエンジンフードは、Special edition専用装備になります。ボディカラーはNISMO専用の新色「NISMOステルスグレー」が設定されました。サーキットの路面をイメージしたソリッドカラーです。

GT-R NISMO

20インチのレイズ製アルミ鍛造ホイールはレッドリムの加飾が施され、足元も一際目を引きます。

GT-R NISMO

強力なダウンフォースが得られそうなNISMO専用カーボン製リヤスポイラーは、存在感も主張しています。
また、展示車は室内には入れないようになっており、残念ながらインテリアの撮影はできませんでしたが、
専用レカロ製バケットシートやブラック×レッドのカラーリングは、従来モデルから引き続き採用されています。

GT-R NISMO

先日、ホンダのスーパースポーツモデル「NSX」が、2022年12月をもって生産を終了すると発表されました。それに伴い、最終モデルとなる「NSX Type S」が限定発売されますが、日本のスーパーカーがこれで一つ消えることになります。果たしてGT-Rは新モデルが登場するのか、それともNSXと同じ道をたどるのか。今後のGT-Rの動向に注目したいです。

GT-R NISMO

【展示車スペック】
車種:日産 GT-R(R35型)
グレード:NISMO Special edition
エンジン:V型6気筒 3.799 L ツインターボ
最高出力:600ps
最大トルク:66.5kgm
年式:2021年式
ボディカラー:NISMOステルスグレー
全長×全幅×全高:4,690mm×1,895mm×1,370mm
車両本体価格:24,640,000円

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です