横浜でポルシェのショータイム

エキサイティング ポルシェ2021

例年通り横浜赤レンガ倉庫のイベント広場で、「エキサイティング ポルシェ」が開催されました。このイベントは年に一度、ポルシェオーナーさんがご自身所有の車両を展示するイベントで、私は欠かさずこのイベントを訪れていますが、格好良いポルシェが一堂に揃うので毎年楽しみにしています。

【昨年の「エキサイティング ポルシェ」の記事はこちら】

秋の空の下、ポルシェがズラリ

エキサイティング ポルシェ

今回の「エキサイティング ポルシェ」には、新たな試みが見られて驚きました。これまではポルシェのモデル毎に車両が展示れていましたが、今回はボディカラー毎に展示されていました!

エキサイティング ポルシェ

ホワイト系

やはりホワイト系の台数が最も多く、人気の高さがうかがえます。

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

このボクスターは希少なモデルで、ボクスターデビュー25周年を記念したアニバーサリーモデル「ボクスター25イヤーズ」です。このボクスターに少し触れておくと、718ボクスターGTS 4.0をベースに開発された、全世界1250台の限定モデルです。

ボクスター 25イヤーズ

サイドエアインテークやツートーンカラーの20インチホイールには、ブロンズカラーの「ネオジム」が採用されており、スペシャル感が漂います。発売されたばかりの限定モデルが、早速お目見えできて嬉しいです。

ボクスター 25イヤーズ

シルバー系

ホワイト系の次に多く見られたのは、シルバー系でした。

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

ポルシェ初の電気自動車タイカンは、「エキサイティング ポルシェ」では初展示だったと思います。タイカンはこの一台のみの展示でしたが、真新しいエクステリアデザインのためか、一際目立っていました。

エキサイティング ポルシェ

 

レッド系

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

イエロー系

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

レーシングカーのポルシェというべきモデルの991型 GT3 RS

エキサイティング ポルシェ

ブルー系

マイアミブルーのボディカラーは、美しく目を引きます。

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

911(初代)901型
50年くらい前のモデルですが、全くそれを感じさせない佇まいです。

エキサイティング ポルシェ

660スピードスター
このような名前のポルシェは存在しませんが、ダイハツの軽自動車コペンをベースに本物の356スピードスターから型取りをしたとのことです。コペンがベースのため、電動の開閉式ルーフを持つのだから面白い。車名の660は、軽自動車の排気量660ccから由来されているのでしょう。

エキサイティング ポルシェ

ポルシェ 912 パトロールカー
もちろん現在は使用されていませんが、神奈川県警が使用していた本物のパトカーです。

エキサイティング ポルシェ

エキサイティング ポルシェ

このイベントは新旧問わず、たくさんのポルシェを見ることができるので、非常に見応えがあります。また開催場所が横浜赤レンガ倉庫ということもあり、非常に賑わいが見られるイベントです。毎年11月に行われているので、お近くの方やポルシェに興味がある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

エキサイティング ポルシェ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です