これはスーパーカーショーでしょ?

ボートショーなのに、スーパーカーショー?

先日、パシフィコ横浜で開催された「ジャパン インターナショナルボートショー2023」に行ってきました。イベントはその名の通り、ボートをメインに展示しているイベントですが、クルマの展示エリアもあります。富裕層をターゲットとしているイベントでもあるため、クルマの中でも特にハイブランドの輸入車モデル展示されていましたので、一台ずつ見ていこうと思います。

ロールスロイス・ファントム 車両本体価格:56,800,000円

個人的にはショーファードリブンの究極と言えるクルマだと思っていますが、全長は5770mm(エクステンデッドは5990mm)もあり、リヤシートの居住性は群を抜くレベルです。

ファントム

フェラーリ・296GTS 車両本体価格:43,130,000万円〜

リトラクタブルハードトップを採用した本モデルは、296GTBのオープントップ・バージョンです。3リッターV型6気筒ツインターボ+モーターを搭載した、プラグインハイブリッドスーパーカーです。

フェラーリ 296GTS

マクラーレン・アルトゥーラ 車両本体価格:30,700,000円

マクラーレン初のプラグインハイブリッドカーであるアルトゥーラですが、上述のフェラーリ296とはエンジンスペックが似ていて、ライバル関係に近い存在かもしれません。

アルトゥーラ

マクラーレン・GT 車両本体価格:27,500,000円

マクラーレン gt

ベントレー・コンチネンタルGT パイクピーク “100” エディション 車両本体価格:不明

ベントレー創業100周年を記念して、フロントグリルには大きく「100」の数字があしらわれています。世界でわずか15台しか生産されていない希少な限定モデルで、オーナーさんのご厚意により、本イベントで展示されていました。

コンチネンタル gt

ポルシェ・タイカン GTS 車両本体価格:18,070,000円

タイカン

アストンマーティン・ヴァンテージ F1エディション 車両本体価格:25,400,000円

「F1エディション」と冠されていますが、ヴァンテージをベースに、同社がF1復帰を記念したモデルです。F1のセーフティカーとして採用されているヴァンテージの市販バージョンというのが、本モデルのポテンシャルの高さが窺えます。

ヴァンテージ F1エディション

アストンマーティン・DBX707 車両本体価格:32,900,000円

DBX707

マセラティ・MC20 車両本体価格:29,950,000円

mc20

ランボルギーニ・アヴェンタドール S ロードスター ジャパン エディション 車両本体価格:50,916,331円

このモデルは日本限定仕様のアヴェンタドールで、クローズドとオープントップの2タイプをわずか計7台が限定販売されました。展示車のエクステリアカラーはマットブラックで、その他に3色のカラーが設定されていますが、全てマットカラーということです。ちなみにこの展示車は売約済みとなっており、オーナーさんのご厚意で展示されているとのことです。この展示車は中古車でしたが、新車価格を遥かに上回る販売価格で売約になったとのことです。

アヴェンタドールS

アヴェンタドールS

展示車は4ケタ万円以上ばかりで、最高峰のスーパーカーばかりでしたが、これがボートショーの中の一エリアでしか展示されておらず、あまり告知されていないのがとても勿体ない。もちろんメインはボートではありますが、スーパーカーに興味がある、購入を検討してみたい方は、来場する価値のあるイベントだと思います。

※掲載の車両本体価格は2023年3月当時の価格となります。詳細な価格は販売店でご確認をお願いします。

フェラーリ 296GTS

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *