新型レクサスRC F 試乗

 新型RC F試乗のため、「LEXUS MEETS…」へ

新型RC F試乗のため、「LEXUS MEETS…」へ行ってきました。「L店舗中央には、NX300 特別仕様車“Bronze Edition”が鎮座。このような特別仕様車が早速展示されているとは、さすが「LEXUS MEETS…」です。nx

写真では分かりづらいですが、アルミホイールのブロンズカラーがオシャレですね~nx

試乗体験の準備が完了するまで、シミュレーションで遊んでみました。これから試乗するRC Fを、シミュレーションで好みの装備にして試乗を待ちます。レクサスミーツ

そして、ついにRC Fとご対面!これはカッコイイ!!
車種:レクサス RC F(USC10型)
グレード:Carbon Exterior package
エンジン:V型8気筒 4.968 L
最高出力:481 PS
最大トルク:54.6 kgm
年式:2019年式
ボディカラー:ソニックチタニウム
全長×全幅×全高:4,710mm×1,845mm×1,390mm
rcf

エンジンフードとルーフ、それから格納式のリヤウイングがカーボンになっています。ちなみにこの車両にはメーカーオプションでチタンマフラーが装着されており、病み付きになりそうなエキゾーストサウンドを奏でますが、価格が800,000円(税抜)と国産車オプションとしては高価な代物です。さらに一つ上のグレードの Performance package になると、このマフラーが標準装備になるとのことです。rcf

19インチ鍛造アルミホイールと専用オレンジブレーキキャリパー。共にメーカーオプションで、アルミは130,000円(税抜)、キャリパーは40,000円(税抜)。rcf

インテリアはセミアニリン本革ブラック&フレアレッド。
Fの名を冠しているだけあって、スピードメーターは340km/hまで刻まれています。rcfインテリア

シートもホールド性を意識した仕様になっています。rcfインテリア

約一時間、一般道を試乗してみての感想です。
思ったよりスポーツカーしておらず、足回りも想像より硬くなく、良い意味でラグジュアリーなクーペといった印象でした。今回の試乗では体感できませんでしたが、コーナーリング時の駆動制御システム、TVDがこの車両には付いており、状況次第でもっとスムーズなコーナーリングを可能にすると思います。rcf

V型8気筒5.0Lエンジンは、他のレクサス現行モデルの中でもLC500とGS Fのみで、今後は消滅していく可能性があります。この大排気量エンジンを新車で購入できるのは、それほど長くないかもしれません。

【補足】
記事内のオプションの価格は、2020年1月現在のものです。詳細は販売店にご確認をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です