レクサスがサポカー補助金対象車を発表!

レクサスのサポカー補助金対象車は!?

「サポカー補助金」とは簡単に申し上げるならば、65歳以上の購入者を対象に、予防安全装備の「プリクラッシュセーフティ 」と「パーキングサポートブレーキ」の装着車の購入を補助するものです。

ls

詳細な内容を記していきます。

【補助対象者】
令和2年3月末時点で満65歳以上となるドライバー(またはそのドライバーを雇用する事業者)

【補 助 額】
「プリクラッシュセーフティ 」と「パーキングサポートブレーキ」 補助額10万円
「プリクラッシュセーフティ 」のみ 補助額 6万円

【対象車種】
LS・GS・ES・IS・RC・RC F・CT・UX・RX・NX の10車種

理由は分かりませんが、対象車種の内、LCとLXは対象車種から外れています。

lc

また対象車種として、GS Fが入っていません。同じエンジンを搭載しているRC Fが対象車に入っているのに、なぜでしょうか。ちなみにベースモデルのGSは対象車種になっています。

gs f

今回の補助対象になる2つの安全機能について触れたいと思います。

① プリクラッシュセーフティ

簡単に申し上げると「自動ブレーキ」です。ただあくまでサポートブレーキで、悪天候などの条件によっては正常に作動しない場合もあるので注意が必要です。車両や歩行者と衝突する可能性があると判断した場合に警報が鳴り、その後も衝突する可能性が高いと判断した場合は、ドライバーがブレーキを踏むとプリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力をアシストし、仮にブレーキを踏めなかったとしても、プリクラッシュブレーキが作動するというシステムです。

② パーキングサポートブレーキ

こちらも簡単に申し上げると、「低速走行時の自動ブレーキ」です。パーキング時にペダルを踏み間違えて、壁などに衝突する可能性が高いと判断した場合、自動でブレーキがかかります。ただ、こちらも気を付けなくてはならないのは、背の低いものや周囲の色と同色に近いものなどは、システムが正常に作動しない場合があります。
どちらの安全機能も共通して言えることは、システムを過信しないことです。あくまでサポートする機能と考え、自分で注意したり、意識したりする必要があります。
この政策で高齢ドライバーの事故も減って、クルマの買い替えが進めば、世の中にとってはとても良いことです。

【サポカー補助金についての詳細はこちら】

LEXUSの サポカー補助金 対象車のご案内

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です