レクサスLCが気になって仕方ない!

レクサスLCが気になる… というより欲しい!

レクサスのラグジュアリークーペ、LC。2012年にデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー「LF-LC」のデザインを基に、2017年市販化。V型8気筒5.0Lエンジンを搭載する「LC500」、V型6気筒3.5Lマルチステージハイブリッドを搭載する「LC500h」の2種類が用意されています。

lc

何が気になるかと言うと、国産車としては珍しくと言ったらいけませんが、美しいプロポーションが目を引きます。それでいて、ラグジュアリークーペの名に相応しい優雅な存在感です。グレードは「ベースグレード」「L package」「S package」の3タイプが用意されており、ディーラーのセールスの話では、「S package」が一番人気があるようです。

lc

2017年のLC発売に併せて、ボディカラーに新色の「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」が追加されました。スポーティーなイメージを際立たせる鮮やかなカラーです。

lc

インテリアは本革やアルカンターラを採用しており、上質感があります。新色としてオーカーとブリージーブルーが追加されました。ナビやオーディオの操作はパッド式のリモートタッチになりますが、慣れの問題かもしれませんが、これがちょっと操作しづらいです。

lc

既に何度か「LC500」と「LC500h」の両方を試乗させてもらいましたが、乗る度に欲しくなってしまいます。ちなみにディーラーのセールスの話では、「LC500」のガソリンエンジンの方が人気が高いようですが、その理由はやはりV型8気筒5.0Lエンジンが、「天使の咆哮」と呼ばれたLFAのサウンドを継承しているという点ではないでしょうか。私もLC500を試乗した時のブリッピングサウンドには、感動してしまいました。

lc

ボディサイズは全長4,770mm、全幅1,920mm、全高1,345mmと決して取り回しの良いサイズではないので、狭い路地では気を使いそうです。また、S packageのみ時速約80km/hで自動アップするアクティブリヤウイングが装備されています。

lc

そして、LCにとって一番のホットなニュースは、今年2020年夏頃に、いよいよLCコンバーチブルが発売になります。東京モーターショー2020で見てから、非常に存在が気になっています。詳細な仕様などの情報は今後発表になるかと思いますが、ますますLCから目が離せなくなります!

LC

「出典:LEXUS ‐ 新型ラグジュアリークーペ「LC」を発売|プレスリリース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です