レクサスGS 特別仕様車“Eternal Touring”発売へ

レクサスGS 最後の特別仕様車 発売

レクサスGSが2020年8月をもって生産終了。これに伴い、特別仕様車「Eternal Touring」が6月1日に発売されることが発表されました。この特別仕様車「Eternal Touring」は、「F SPORT」をベースに専用装備が多数用意されています。

gs

「F SPORT」専用スピンドルグリル(グロスブラック)/フレーム(漆黒メッキ)
個人的には他のグレードのグリルよりも、「F SPORT」のグリルの方が圧倒的にカッコイイので、「F SPORT」ベースで正解ですね。

gs

リヤスポイラー (ブラック塗装) /ラゲージドアガーニッシュ (漆黒メッキ)
ブラックのリヤスポイラーはリヤビューが引き締まった印象になります。ラゲージドアガーニッシュも高級感の演出に一役買っています。

gs

ドアミラー (ブラック塗装)

gs

フロント/リヤ19インチタイヤ&アルミホイール &ナット(ブラック塗装)・フロントバンパーサイドベゼル (グロスブラック)
ドアミラーと併せてブラックで統一されて、非常にスポーティな印象です。

gs

「F SPORT」専用オレンジブレーキキャリパー(フロントのみ「LEXUS」ロゴ入り)
鮮やかなオレンジカラーのキャリパーですが、GS450hと350の2WDの設定のみということです。キャリパーサイズの問題のようですが、全グレードで採用してほしかったです。

gs

インテリア各所(アルカンターラ表皮・レッドステッチ)
インテリアではアルカンターラ表皮が至る所に使用され、上質感があります。

gs

インテリアカラー(ブラック&フレアレッド)

gs

以上のような専用装備以外にも、クリアランスソナー&バックソナー 、アダプティブハイビームシステム[AHS]、ブラインドスポットモニター[BSM] といった機能面も装備されました。
2005 年の日本国内のレクサスブランド開業当初の取扱車種はGS、IS、SCの3車種のみで、GSは開業時からは販売を開始しておりました。既にSCは2010年に生産を終了しているため、開業から生産を継続しているのはISのみとなってしまい、寂しい限りです。余談ですが、私の父が以前にGS300h F SPORT (L10型) を所有していたこともあり、GSが無くなるのは本当に残念です。

gs

父が以前所有していた GS300h F SPORT

2020年秋にはISがマイナーチェンジを予定しており、ボディサイズが拡大され、GSを補完する車両になると言われていますので、今後ISがどう変貌するかにも期待したいところです。

gs

「出典:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/32231442.html?_ga=2.252970958.656974431.1594561732-562762297.1583478529

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です