レクサスUXの中古車、価格が高過ぎませんか…

レクサスUXのCPOの価格が意外と高い!?

UXは2018年11月に発売になった比較的新しい車種ですが、CPOにも既にラインナップされております。ただ、このUXのCPOの価格が高い! と言うより、値落ちしていない!(2020年4月中旬現在)

ux

UXの新車価格はガソリン車が約390万円、ハイブリッド車が約430万円(共にベースグレード)となっていますが、CPOのサイトを見たら、387万円からと表記されているではありませんか!

レクサス 認定中古車

もちろん中古車は年式や走行距離、内外装の状態、装着オプションなどの状態によって価格が異なるので、一概に新車価格との比較はできませんが、それにしても新車価格とそれほど変わらないのは驚きです。ちなみに現在の同車のCPO最高値はハイブリッド車のF SPORT が528万円(2020年4月現在)。もちろん数種類の装着オプションがありましたが、同グレードの新車価格が約490万円であることを考えると値落ちがほとんどない…販売が好調なのか、強気な価格設定だと思います。

ux

そんな販売好調を続けているUXの魅力を、ディーラーのセールスに聞いてみましたが、「車体がコンパクトなのに加えて、背が低く乗り降りがしやすい」という理由が大きいとのことです。

ux

個人的に、今回のUXでこだわりを感じたのはインテリアです。インパネのセンター部分がドライバー側に傾けられており、人間工学に基づいて手を伸ばした時に自然に操作できるようにレイアウトされています。開発の段階で女性の感覚を意識して、付け爪をしてスイッチ類を操作したり、ヒールを履いてクルマに乗り込んだりと、積極的にユーザーの裾野を広げる意識が素晴らしいと思いました。死角が少なくなる三角窓もあり、安全面のケアもできています。

uxインテリア

アームレストの先に見慣れないスイッチがあると思ったら、オーディオ専用のスイッチでした。レクサスのモデルではこの位置でのオーディオスイッチは初めてだと思いますが、扱いやすさを考えてのレイアウトが絶妙です。また、アームレストは小柄な方でも肘をかけられるように前方に配慮されています。

ux インテリア

コンパクトで扱いやすく、乗り降りがしやすいUXは、ユーザー拡大に成功した一例とも言えます。中古車でも販売価格が落ち着くには少し時間がかかるかもしれませんが、新車、中古車問わず、ぜひご自身のニーズに合うUXを見付けてみてください。

ux

「出典:LEXUS、新型車「UX」を発売|プレスリリース

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です