レクサスLC プレカタログをゲット!

レクサス LC 今回のマイナーチェンジは訳が違う!

今回の最大の注目ポイントは、コンバーチブルモデルの追加です。2019年11月にロサンゼルスオートショーで世界初公開された車種が、いよいよ一般発売されます。lcカタログ

クーペスタイルも良いですが、コンバーチブルもスタイリッシュです。ソフトトップルーフは走行時も 50km/h 以下であれば開閉可能とのことです。lcカタログ

話はLCから逸れますが、これまでのレクサスのコンバーチブルモデルと言えば、SCIS C がありましたが、どちらもアルミニウム製のハードトップを持つ車両でした。今回のLCコンバーチブルは非常に美しいルーフラインではありますが、個人的な意見として車両価格が1,000万円後半の車両であれば、ハードトップにしてほしかったと思いました。

また、ハードトップが良いと言っておきながら、ソフトトップの話題をするのもおかしいですが、ソフトトップのカラーバリエーションが、LCはブラックとサンドベージュの2色。車両価格が近いクーペのポルシェ911(992型)カブリオレはブラック、ブルー、ブラウン、レッドの4色で、LCの倍のカラーバリエーションが用意されています。LCもマイナーチェンジの際には、カラーを増やしてほしいですね。lc500

インテリアはこれまで同様に、一目でわかるラグジュアリー感が素晴らしい。また、車内の巻き込み風を抑える「ウインドディフレクター」やエンジンこもり音を低減する「アクティブノイズコントロール」などが装備され、快適なオープンエアドライブが楽しめそうです。lcカタログ

 

ボディは新設計して剛性を上げ、さらに軽量材料を使用して軽量化も実現。これで運動性能を向上させることは間違いないでしょう。lc

一番残念と感じたのは、コンバーチブルはガソリン車のみの設定で、ハイブリッド車はありません。LCのガソリン車とハイブリッド車の販売比率が、ガソリン車の方が多いためでしょうか。LCユーザーはランニングコストをあまり意識することはないかと思いますが、ユーザーの裾野を広げる意味でも、ハイブリッド車も追加してほしいです。lc

素晴らしい点が多々ある反面、気になる点も色々書いてしまいましたが、それだけ期待度が高いというのも事実です。
いよいよ来月に発売となるので、お世話になっているディーラーで試乗してみようと思います。
そのレビューは、このブログで報告したいと思います。lc

「出典:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/30609731.html?_ga=2.248823694.805358448.1594650898-562762297.1583478529」 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です