レクサスLC プレカタログをゲット!

レクサス LC 今回のマイナーチェンジは訳が違う!

LCのマイナーチェンジで今回の最大の注目ポイントは、コンバーチブルモデルの追加です。2019年11月にロサンゼルスオートショーで世界初公開されたモデルが、いよいよ一般発売されます。

lcカタログ

クーペスタイルも良いですが、コンバーチブルもスタイリッシュです。ソフトトップルーフは走行時も50km/h 以下であれば開閉可能とのことです。

lcカタログ

これまでのレクサスのコンバーチブルモデルと言えば、SCIS C がありましたが、どちらもアルミニウム製のハードトップを持つ車両でした。今回のLCコンバーチブルは、非常に美しいルーフラインを持つソフトトップになります。ソフトトップのカラーバリエーションはブラックとサンドベージュの2色ですが、今後はカラーのバリエーションを増やしてほしいです。

lc500

インテリアはこれまでのクーペと同様に、ラグジュアリー感が満載です。機能面でも車内の巻き込み風を抑える「ウインドディフレクター」や、エンジンこもり音を低減する「アクティブノイズコントロール」、首回りを温める「ネックヒーター」などが装備され、快適なオープンエアドライブが楽しめそうです。また、ヘッドレストの後部にLマークのエンボス加工がされているのは、クーペモデルには無い仕様です。

lcカタログ

コンバーチブルのためにボディを新設計して剛性を上げ、さらに軽量素材を使用して軽量化も実現。LCは元より低重心化されたフロントミッドシップレイアウトを採用したモデルなので、運動性能は保証されていると言えるでしょう。

lc

LCコンバーチブルはガソリン車のみの設定で、ハイブリッド車はありません。これはハイブリッド用のバッテリー搭載スペースにソフトトップルーフを格納するためと言われています。ちなみに、このガソリン車の5L V8エンジン搭載のクーペとコンバーチブルには、室内にエンジンサウンドを共鳴させるサウンドジェネレーターが標準装備されているため、官能的なサウンドを堪能することができます。

lc

いよいよ来月に発売となるので、お世話になっているディーラーで試乗してみようと思います。元々スタイリッシュでエンジンサウンドに魅力を感じるLCが、コンバーチブルがどんな姿で、どんな走りをするのか、実車を見るのが今からとても楽しみです。

lc

「出典:LEXUS、LAオートショーで「LC500」のコンバーチブルモデルを世界初公開

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です