レクサスディーラーで愛車受領

愛車を引き取りに、久々にレクサスディーラーへ

諸般の事情で愛車をディーラーに預けていたので、引き取りにディーラーに伺いました。外出自粛中なので、引き取り完了後にさっと引き上げます。

ショールーム内はUX、NX、RXとSUV中心に展示されていますが、やはり流行りですかね…個人的にはクーペやセダンの方が好きなので、そちらも展示してほしいです。

レクサスディーラー

NXは父親が所有しているので見慣れていたつもりですが、私のISと比べるとやはりサイズは大きく感じます。同じSUVのLX、RXに比べれば小さいはずなのですが…この展示車はホワイトノーヴァガラスフレークですが、白は膨張して見えると言われているので、そのような理由もあるかもしれません。NXはレクサスSUVの中でもスポーティーでカッコイイです。

nx

RXの全長を拡大して3列シートを採用し、7人乗り仕様のRX450hL。この4代目RX自体は2015年に発売を開始しましたが、7人乗りが可能になったロングバージョンのRX450hLは、2017年に追加されました。電動格納式の3列シートが採用され、シートの配置は1列目から3列目にかけてだんだんと視点が高くなっていくシアタースタイルになっており、快適な居住空間を実現しています。

rx

セダンも展示されていました。レクサスのフラッグシップモデルのLS500hです。初めてこのクルマを見たのはデビュー間もない2017年の秋でしたが、このクラスのクルマにしては低く構えたスタイリングで、クーペのようなシルエットがすごくスポーティーな印象を受けました。

ls

2019年8月4日、静岡県の富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第5戦で、見事優勝した脇阪寿一監督が率いる「WAKO’S 4CR LC500」。大嶋和也選手と山下健太選手の速さが光り、この年のシリーズチャンピオンにも輝きました。レクサスオーナーとしては、レースでレクサスの車種が活躍することはとても嬉しいことです。2020年シーズンからスープラにマシンがスイッチしますが、新型コロナの影響でシーズン開幕が遅れています。早く落ち着いてシーズンが始まってほしいです。

レクサスディーラー

オーナーズサロンも普段はカップやグラスでドリンクを提供していただけますが、今回はペットボトルでした。このようなご時世なので、そんなに悪い気はしませんでした。愛車を無事に受領できましたので、さっと引き上げました。早く安心した生活が送れるようになってほしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です