レクサス新型ISのプレカタログをゲット!

ビックマイナーチェンジのISをプレカタログでチェック!

先日、マイディーラーで新型ISのプレカタログをいただきました。
カタログ表紙が6月のプレスリリースには無かったビジュアルだったので、意表を突かれました。

isカタログ

これまでは「F SPORT」のみグリルがメッシュタイプでしたが、今回の新型から全車メッシュタイプになります。これは嬉しい変更です。現行車の「標準」と「verson L」のグリルも品があって良いのですが、やはりメッシュタイプの方が格好良く、スポーツセダンのISに似合うと思います。

isカタログ

特徴的な変更ではないですが、メーカーオプションのムーンルーフが「インナースライド式」となっています。現行車はスライド式とチルトアップの両方が備わっていましたが、チルトアップは無くなったのでしょうか。個人的にはチルトアップ状態の見た目が好きなのですが…

isカタログ

インテリアのページを見ると、ついに「電動パーキングブレーキ」の文字が!?ライバルの同クラスのドイツ車が既に電動であることを考えると、少し遅いくらいかもしれませんが、まずは採用されて一安心です。また両サイドのエアコンの吹き出し口が丸型になったのが新鮮です。吹き出し口が丸型なのは初代IS(トヨタ・アルテッツア)以来ですが、丸型の方がよりスポーティな印象を受けます。

isカタログ


isカタログ

パワートレインは現行車と同じV型6気筒3.5Lエンジン(IS350)、直列4気筒2.0Lターボエンジン(IS300)、直列4気筒2.5Lハイブリッドエンジン(IS300h)の3種類がラインナップ。その内、2.0Lターボと2.5Lハイブリッドには改良が施されたようです。

isカタログ

「F SPORT」のページを見ると、F SPORT」専用オレンジブレーキキャリパーがメーカーオプションになっていました。クーペのRCには設定済みのオプションですが、RCと同じ設定がされるのも、スポーティモデルの証だと思います。

isカタログ

特別仕様車「F SPORT Mode Black」もカタログに掲載されています。「F SPORT Mode Black」は「F SPORT」をベースに、マットブラックに塗装されたBBS製アルミホイールやドアミラーが装備されます。残念ながら、ハイブリッドモデルのIS300hには設定されていません。

isカタログ

最後にボディカラーですが、プレスリリースに記載の通り、「ソニックイリジウム」と「ソニッククロム」の2つの新色が追加されます。また、これまでクーペ系のみに採用されていた、「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」が追加されたのが嬉しいニュースです。厳密には過去二回の特別仕様車(「Black Sequence」と「I Blue」)にも設定されていましたが、レギュラーカラーとして採用されたのは、今回が初めてです。クーペ系の設定色がセダンで採用されるというのは、ISのスポーティなボディに似合うと判断されたということでしょう。代わりに「マダーレッド」は無くなるようです。

isカタログ

【レクサスのボディカラーの記事はこちら】

美しく魅力的なレクサスカラー

ディーラーのセールスの方の話だと、今回のビックマイナーチェンジで、ISは当分フルモデルチェンジを行わないとのことです。それだけ今回のマイナーチェンジは完成度が高いということだと思います。発売は2020年11月を予定していますが、今から実車を見るのが楽しみです。

isカタログ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。