レクサスSUVの選び方

充実のラインナップ レクサスSUV

今、自動車業界は空前のSUVブームです。2016年にマセラティが初SUV「レヴァンテ」を発売したと思ったら、翌年にアルファロメオも同社初のSUV「ステルヴィオ」を発売しました。これだけでも驚きでしたが、まさかスーパーカーメーカーのランボルギーニも「ウルス」を発売するなど、各社SUVを積極的にラインナップに追加しています。どこの自動車メーカーもSUV車が自社の主力モデルになっていることは、間違いないようです。レヴァンテ

レクサスにも現在は、SUVが4車種ラインナップされています。どの車種もそれぞれ特徴があるので、一車種ずつ紹介していきたいと思います。

① UX
レクサスSUVのエントリーモデルであり、SUVのラインナップの中では最もコンパクトなサイズ(レクサス全車種の中では「CT」が最小)。女性のチーフエンジニアが開発に携わったこともあり、女性が乗り降りしやすく小回りが利く設計になっています。まだ発売から2年弱ということもあり、今後さらに熟成が進むのではないでしょうか。レクサス初のEVモデルも、このUXから2021年に発売を予定してます。

・UX200  直列4気筒2Lエンジン 3,972,222円~
・UX250h 直列4気筒2Lエンジン+ハイブリッド 4,328,704円~ux

② NX
レクサス全車種の中で、最も販売数を伸ばしているモデルです。NXはスポーティーなデザインや扱いやすいボディサイズが、順調に販売されている要因だと思います。2020年だけで3種類の特別仕様車を発売しており、メーカーの力の入れようが見て取れます。登場から約6年経過していることもあり、そろそろフルモデルチェンジがあるかもしれせん。

・NX300 直列4気筒2Lエンジン+ターボ 4,546,000円~
・NX300h 直列4気筒2.5Lエンジン+ハイブリッド 5,190,000円~nx

③ RX
レクサスSUVの中で最も最初にラインナップされたモデル。日本国内では初代、2代目は「トヨター・ハリアー」として販売されていましたが、2009年に登場した3代目から「レクサス・RX」として販売されるようになりました。2015年から現行の4代目となっています。通常の5人乗り仕様の他に、7人乗り仕様モデルが存在するのも大きな特徴でもあります。

・RX300 直列4気筒2.0Lエンジン+ターボ 5,240,000円~
・RX450h V型6気筒3.5Lエンジン+ハイブリッド 6,380,000円~
・RX450hL V型6気筒3.5Lエンジン+ハイブリッド 7,960,000rx

④ LX
レクサスSUVのフラッグシップモデル。価格もサイズもラインナップ中、最大級です。発売当初は3列シートのみでしたが、後に2列シート・5人乗り仕様も新たに追加されました。今ではよく見られるようになりましたが、「流れるウインカー」こと、「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」をレクサス車で初採用したモデルでもあります。

・LX570 V型8気筒5.7L エンジン 11,356,481円
lx

「出典:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/28172280.html?_ga=2.233515166.1047999440.1600575166-562762297.1583478529

以上のレクサスSUVの4車種は価格もボディサイズも異なりますが、どのモデルも魅力的で存在感のあるクルマだと思います。今回の記事では各モデルのグレードや駆動方式などの詳細までは触れられませんでしたが、また別の機会で記事にしたいと思います。最後に、こちらの記事は2020年9月現在の内容になりますので、ラインナップ構成や価格に変更が生じる場合がございますのでご了承ください。rx

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP
MENU