ポルシェ 718ボクスターは気持ちの良いオープンカー!

今度こそ、ボクスターの試乗に!?

先日、アポ無しでポルシェセンターに訪問して、ボクスターを見に行った記事(実際は見れなかったのですが…)を公開しましたが、その後にすぐに思いがけない機会に恵まれ、再びポルシェセンターに訪問することになり、なんとそこでボクスターを試乗することなりました。
【前回の訪問記事はこちら】

ポルシェセンターに、アポなしで訪問して良いのか?

そして、試乗車のボクスターとご対面です。これはカッコイイ!
ボディカラーはオプションカラーの「ゲンチアンブルーメタリック」ですが、レクサスのヒートブルーと比べると少し明るさを抑えたブルーですが、ボクスターに似合う綺麗なカラーです。

718ボクスター

インテリアはポルシェらしいタイトなコクピット。特徴的な3連丸型メーターは、スポーティーな印象です。試乗車にはスポーツクロノパッケージが装着されていました。

718ボクスター

標準は18インチホイールですが、オプションで「20インチCarreraSホイール」と、サテンブラック塗装仕上げにもできます。抜群にカッコイイですが、20インチホイールが408,000円、サテン塗装に198,000円 かかります。オプションにはお金がかかりますね…

718ボクスター

いざ、試乗です。エンジン始動音は、スポーツカーらしい力強いサウンドで心地よいです。連れと一緒なので、最初は連れが試乗して、途中で私に交代してもらうことにしました。ボクスターは二人乗りでセールススタッフが同乗できないので、カイエンで試乗コースを先導してくれます。

718ボクスター

718ボクスター

試乗を終えた感想としては、足回りはスポーツ走行を楽しめるように少し固めのセッティングでしたが、割り切って乗れば違和感はありません。何よりもオープン時での走行は、爽快感抜群です。走行モードを色々変更してみたかったのですが、交通量が多い週末の一般道を走行したため、十分に加速やハンドリングを味わうことができませんでしたが、これは仕方ないですね。

718ボクスター

今回はボクスターに試乗する機会に恵まれ、本当に良かったと思います。短い時間でしたが、ボクスターのオープンエアーを味わうことができました。ボクスターの本領が発揮されるのはワインディングだと思うので、次はその機会に恵まれることを祈ります。

718ボクスター

【試乗車スペック】
車種:ポルシェ 718 ボクスター(3BA-982M20)
グレード:718 Boxster
エンジン:水平対向4気筒 1.987 L ターボ
最高出力:300ps
最大トルク:38.8kgm
年式:2021年式
ボディカラー:ゲンチアンブルーメタリック
全長×全幅×全高:4,385mm×1,800mm×1,280mm
車両本体価格:8,120,000円~
オプション装備:スポーツクロノパッケージ、20インチCarreraSホイール、ホイール塗装仕上げ(サテンブラック)、電動可倒式ドアミラー、カラーメーター(ホワイト) など

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です