レクサスISのベストチョイスを考えてみる

レクサスISのベストチョイスは?

2020年11月にビックマイナーチェンジをしたレクサスISですが、想定以上に販売が好調です。パワーユニットやインテリアの変更が小規模のため、好調の要因は大幅に変更されたエクステリアデザインが受け入れられたと考えられます。このISをパワーユニットとグレードの2項目から、ベストチョイスを選択してみようと思います(記事内の写真は、必ずしも記事の内容と一致いたしません)。

is

①パワーユニット

ISにはIS350、IS300h、IS300の3種類のモデルがあり、それぞれにNA、ハイブリッド、ターボのパワーユニットが用意されています。

IS350:V型6気筒 3.5L 最高出力318ps 最大トルク38.7kgm
IS300h:直列4気筒 2.5Lハイブリッド 最高出力178ps 最大トルク22.5kgm
IS300:直列4気筒 2Lターボ 最高出力245ps 最大トルク35.7kgm

燃費重視の場合は言うまでも無く、 IS300h のハイブリッドモデル一択ですが、ISはスポーツセダンですので、スポーティーな走りを求めるのであれば、IS300 がベストと考えます。その理由の一つとして、今回のマイナーチェンジ(以下MC)で、IS300のみに走行状況に応じて適切なギアを選択する「アダプティブ制御」が採用されています。パワーは IS350 の方が上ですが、アクセル操作に対する反応は、IS300 が抜きんでているのではないでしょうか。ハイブリッドモデルよりもパワーがあり、操る楽しさが味わえる点から、パワーユニットはIS300 がベストと考えます。

IS

②グレード

ISには「F SPORT」「version L」「ベースグレード」の3種類のグレードが設定されていますが(IS350は「F SPORT」のみの設定)、ISの場合は、グレードの選択は見た目による部分が大きいと思っています。分かりやすい例を挙げると、以下の写真は「F SPORT」と「version L」ですが、「F SPORT」はスピンドルグリルとサイドガーニッシュが、ピアノブラック塗装されたメッシュタイプになっています。

is

IS350「F SPORT」

is

IS300h「version L」

同様にリヤも比べてみると、ブラック塗装のスポイラーとロアガーニッシュが装備されており、リヤフォルムにも大きな違いがあります。

IS

IS350「F SPORT」

is

IS300h「version L」

見た目では「version L」より「F SPORT」の方が断然スポーティーなルックスのため、個人的には「F SPORT」がお薦めです。ちなみにまだ触れていない「ベースグレード」は、「version L」をコストダウンした仕様になっていますので、コストを抑えてISを堪能したい場合は「ベースグレード」、上質さを求めたい場合は「version L」と好みに合わせて選ぶのが良いと思います。

is

③結論

上記理由から、 IS300F SPORTの組み合わせがベストチョイスとしましたが、これはあくまで個人の見解です。好みやクルマに求めるもの(走りやステイタス)、予算などによって個々のベストチョイスは変わってきますので、ISの購入を検討されている方は、ぜひご自身に合うISのベストチョイスを模索してみてください。余談ですが、ディーラー情報では ISで最も販売されている組み合わせは IS300hF SPORT」で、ハイブリッドモデルに人気があるようです。

is

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です