レクサス武蔵小杉 グランドオープン

レクサスの新店舗 レクサス武蔵小杉へ

先日、オープンしたばかりのレクサスの新店舗、レクサス武蔵小杉を訪問してきました。新店舗は2021年3月に閉店したネッツトヨタ神奈川の跡地にオープンしました。

店内入口で最初に目に入ってきたのは、グラファイトブラックの新型NX250。グラファイトブラックを改めて見ると、漆黒の中にキラキラした金属感があり、非常に綺麗なブラックです。

レクサス武蔵小杉

ブレージングカーネリアンのUX250hも展示されていました。鮮やかなオプションカラーのオレンジですが、レクサスのボディカラーはどのカラーも美しいです。

レクサス武蔵小杉

レクサス武蔵小杉

スタッフの方に、オーナーズラウンジへお招きいただきました。他のディーラーと同様、居心地の良い空間です。

レクサス武蔵小杉

オーナーズラウンジの壁面のラックには、たくさんの書籍が並んでいました。これらの書籍は書店チェーンの有隣堂と連携して選定されており、様々なジャンルで構成されています。このラックの書籍も一定期間で入れ替えをしたり、オーナーがその書籍を購入することも可能で、今までにない新しいサービスを提供してくれます。

レクサス武蔵小杉

レクサス武蔵小杉

オーナーズラウンジで提供されるコーヒーは、地元商店街のコーヒー店で用意した「レクサス武蔵小杉専用ブレンド」で、お茶は地元名産に認定された日本茶と、地元に根付いたドリンクを用意しています。もちろん、通常のドリンクもあります(お茶菓子は時期によって変更されます)。

レクサス武蔵小杉

他のレクサス店舗には無いと思いますが、この新店舗では「プライベートルーム」というものがあります。このお部屋はテレワーク用の小部屋になっていて、2部屋用意されています。ただせっかくの新しい試みですが、個人的にはレクサスディーラーに来てまで仕事はしたくないのと、利用者には時間制限などを設けて、長居はご遠慮いただくようなルールにしてほしいというのが本音です。
また、通常の商談スペース以外にも、「コンサルティングデスク」という個室商談ルームもありました。

レクサス武蔵小杉

レクサス武蔵小杉のエリアでは元々輸入車比率が多いらしく、レクサス店舗が無かったことから、この場所に店舗を構えるのは必然とのことでした。同店舗では書店とのコラボや地元ドリンクの提供、「プライベートルーム」「コンサルティングデスク」の設置など、これまでにないおもてなしがたくさん用意されています。このサービスをフックにして、このエリアのレクサスオーナーが増えることを期待しています。

レクサス武蔵小杉

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。