レクサスRC Fを再び試乗してみた!

なぜ再びRC Fを試乗したのか…

東京ミッドタウンにあるレクサスミーツでは、様々なレクサス車を試乗することができますが、今回RC Fを試乗してきました。以前にも同施設でRC Fを試乗したことはありますので、今回で二度目になります。試乗コースは数多くあるの中から選択することができるので、RC F特有の加速力やエキゾーストサウンドを確認するために、ストレートが長く取れそうなコースを選択してみました。

<前回のRC F試乗の記事はこちら>

レクサス 新型RC F 試乗

試乗受付を済ませて、試乗車のRC Fとご対面です。2年前に試乗したRC Fと同じグレードの「Carbon Exterior package」で、ボディもインテリアもカラーが同じですが、試乗車の車検証を確認してみたら、どうやら当時に試乗した同じ車両のようでした。

rc f

rc f

RC Fはトップグレードの「Performance package」、本試乗車の「Carbon Exterior package」、「ベースグレード」の全3グレードで構成されています。特にトップグレードの「Performance package」は徹底した軽量化でカーボンパーツをふんだんに装着し、ボディ剛性を高めているため、RC Fの本来の実力を知るのであれば同グレードを試乗すべきなのですが、試乗車として用意が無かったので、前回同様に「Carbon Exterior package」でRC Fを堪能することにしました。

RC F

試乗は一般道のみの走行ですが、加速力は申し分なし。公道のため制限速度と騒音を意識しながら試乗しましたが、ドライブモードを「NORMAL」から「SPORT S」、「SPORTS S+」とモードを変更すると、ドライバーが高揚させられる加速力とエンジンサウンドが味わえます。足回りも想像以上に硬さが無く、乗り心地はスポーツカーとしては優秀な方ではないでしょうか。また、クーペらしいスタイリッシュなスタイリングもRC Fの魅力だと思います。

rcf

今回RC Fを試乗したのは、今後の自分の愛車になり得るかを検証したかったのですが、結論としては出ていません。伝統的な大排気量エンジンをまだまだ味わうか、EV等の次世代車にシフトするのか、自動車メーカーの過渡期と言われているこの時期だからこそ、非常に悩ましいところではあります。

rc f

【試乗車スペック】
車種:レクサス RC F(USC10型)
グレード:Carbon Exterior package
エンジン:V型8気筒 4.968 L
最高出力:481ps
最大トルク:54.6kgm
年式:2019年式
ボディカラー:ソニックチタニウム
全長×全幅×全高:4,710mm×1,845mm×1,390mm
車両本体価格:1,1320,000円

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。