レクサス新型IS ついに世界初公開!

ビックマイナーチェンジしたNEW IS

2020年6月16日(水) 午前8:00から新型ISのデジタルプレスカンファレンスがあり、マイナーチェンジされたISの様々な特徴が、約30分の動画で紹介されました(平日の朝の配信ということもあり、私は通勤途中の電車の中で視聴しました…)。

is

今回のマイナーチェンジの主な変更点を記していきます。

1.パワートレーン

直列4気筒2.0L直噴ターボ、 直列4気筒2.5Lハイブリッド 、V型6気筒3.5Lの3種類は従来通りですが、ダウンサイジングターボあり、ハイブリッドあり、NAありなので、オーナーの趣向に合わせて選択できるラインナップは有り難いと思います。

2.ボディサイズ

GSが2020年8月をもって生産終了するため、GSを補完する存在としてボディはやや大型化しました(カッコ内は前モデル比)。機械式駐車場の事を考慮すると、サイズアップはここまでに留めてほしいものです。
全長 4,710(+30)mm
全幅 1,840(+30)mm
全高 1,435(+5)mm
ホイールベース 2,800(±0)mm

is

3.エクステリア

デイライトはフロントバンパーからヘッドランプ内に収まり、その分スピンドルグリルが幅広くなり、グリルの存在感が増し、この意匠変更で精悍さが増しました。また、昨今のレクサスのモデルに採用されている三眼フルLEDヘッドランプも確認できます。

is

横一文字型のリヤコンビネーションランプは、レクサスとしてはUXに続いて2車種目ですが、今後はスタンダードなデザインになっていくのでしょうか。エクステリアはフロント、リヤ共に大きな意匠変更のため、全く別のクルマのような印象を受けます。

is

4.インテリア

両脇にあるエアコンの吹出口が四角形から丸型に変更になった以外は、インテリア自体に目立った意匠変更はなく、レイアウト自体も変わっていません。大きな変更点は新たにタッチディスプレイが採用されたことに加えて、レクサスの他モデルと同様に、スマートフォンとマルチメディアが連携可能になりました。スマホとの連携は輸入車の方に「一日の長」がある印象なので、輸入車に後れを取らないよう頑張ってほしいところです。

is

リモートタッチはノブ式からタッチパッド式に変更されました。今回はタッチディスプレイも採用されているので、オーナーは使用しやすい方で操作可能になったのは、有り難い変更点です。

isインテリア

他にも特長な変更点がたくさんあるので、つづきは次回にご紹介していきます。

is

「出典:LEXUS、新型「IS」を世界初公開

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。