レクサス新型IS 世界初披露前にISを振り返る

新型ISってどうなの?

今月16日に世界初披露を予定しているレクサスIS。新型と言っても、正確にはマイナーチェンジです。テールの「横一文字」はここ数年ポルシェにも採用されていますが、最近の流行りでしょうね。レクサスとしては「横一文字」はUXに次いで2台目ですが、今後のレクサスの車種にも採用されていくのでしょうか。is

「出典:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/32714640.html?_ga=2.45479981.805358448.1594650898-562762297.1583478529

ISは私自身が2代目、3代目と乗り継いでいる車種でもあるので、非常に興味があります。そこでマイナーチェンジされるレクサスのスポーツセダン ISを振り返ってみようと思います。

2代目 IS

2005年、日本でレクサスブランドが展開されたと同時期に販売開始。日本国内では排気量3.5Lの「IS350」と2.5Lの「IS250」の2種類のエンジンがあり、それぞれに「標準」、スポーティな「version S」、ラグジュアリーな「version L」の3グレードを設定。is

私は2007年式 IS250・version S を新車で購入しました。「version S」はスポーツサスペンションを装着しているため、当時は車線変更をする時に路面をバンッと蹴って走るように感じられ、まるでアスリートの脚のような感覚を味わえたのが非常に感動的でした。また、2008年式(2009年モデル)からLEDウインカー内蔵のドアミラーが用されましたが、私のISにも付いていてほしかったです

そして、2007年にはレクサスのプレミアムスポーツブランド「F」を冠した、V型8気筒5Lエンジンの「IS F」が発売。ISをベースに専用設計された、スーパーセダンです。詳細は私のブログ「レクサスIS Fはなぜ根強い人気なのか。」も併せてご確認ください。https://lexusdrive.net/2020/01/26/lexusisf/is f

2009年にはコンバーチブル2ドアクーペの「IS C」が発売。電動開閉式のメタルトップは、20秒で自動開閉が可能です。そして、このIS C は昨今の中古車市場ではタマ数が少ないことから、値落ち幅が少ない実情があります。is c「出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BBIS

2代目ISはこのように様々なバリエーションが存在していました。通常の「IS」は2013年に、「IS C」と「IS F」は2014年に販売を終了しています。

3代目 IS

2013年から発売。エンジンはV型6気筒2.5Lの「IS250」、V型6気筒3.5L「IS350」、新設の直列4気筒2.5Lハイブリッドの「IS300h」の3種類があり、それぞれに「標準」、「F SPORT」、「version L」の3グレードを設定。is

私は 2015年式 IS300h・F SPORT を認定中古車で購入しました。ハイブリッド車を選んだのはランニングコストを考慮してのことでしたが、グレードは専用スピンドルグリルとフロントバンパーのカッコ良さと、ボディカラーのヒートブルーを選択できる「F SPORT」一択でした。is

3代目ISの概要に戻りますが、2015年には直列4気筒2.0ℓターボエンジン搭載車「IS200t」を追加設定(2017年に名称を「IS300」に変更)。そして、2016年にはフロント周りのデザインが一新されました。個人的には少し大人しくなった印象です。is

新型ISの世界初披露は、来週 6 月 16 日(火)午前 8:00 にオンライン上で実施されます。いよいよレクサスISがどんな姿で披露されるのか、楽しみでしかたありません。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です