ポルシェに浮気してしまいそう…

ポルシェセンターでボクスターを確認

緊急事態宣言も解除されたので、久々に外出することにしました。以前にブログでも気になるオープンカーの1台としてボクスターを挙げていますが、そのボクスターをポルシェセンターへ見に行くことにしました。
【気になるオープンカー2台の記事はこちら】

気になるオープンカー2台

ポルシェセンターに展示されている車両が、どれも素晴らしく格好良いです。レクサスはもちろん好きですが、ポルシェもどのモデルも素敵です。

ポルシェセンター

そして、ボクスターとご対面です。正確な車名は718ボクスター。現行モデルは従来の水平対向6気筒NAエンジンをダウンサイズして4気筒ターボとなり、排気量2Lの「718ボクスター」と2.5Lの「718ボクスターS」の2モデルがあります(厳密にはGTSとSpyderもあります)。

718ボクスター

シートにも座らせていただきました。着座位置がすごく低いので、いかにもスポーツカーという印象でした。これは高揚感が高まります。

718ボクスター

展示車両は排気量2Lのボクスターの方で、車両価格は780万円。ちなみに2.5LのボクスターSは973万円です(共にPDK)。個人的な感想ですが、この両車を比較すると、結構な価格差があるように感じました。ポルシェ通ではないので、私の知らない装備の差があるかもしれませんが…

レクサスにはボクスターと同サイズのオープンボディの車種がありませんので直接のライバルはいませんが、近い存在として挙げるとすると、クーペボディのRC350「F SPORT」(車両価格 720万円)になります(ケイマンの方がよりライバルに近いかもしれません)。ボクスター/ケイマンとRCでは、どちらが良いかというと非常に難しい選択です。私はレクサスファンなのでRCと言いたいところですが、2014年デビューのRCは、基本設計がやや古いのがネックです。

rc

展示車両のレーシングイエローはスポーツカーらしい鮮やかな色で、ボクスターにはとても似合うと思いました。もし私がボクスターを購入するなら、このレーシングイエローか、ガーズレッドを選択すると思います。ただ、営業スタッフの方のお話だと一番人気はホワイト、次はブラックとのことで、リセールバリューもこの二色が良いとのことでした。スポーツカーには派手な色が似合うと思うのですが、実際に売れているのは違うようです。

718ボクスター

今回は試乗せず、車両を見るだけで失礼させていただきましたが、試乗するとレクサスからポルシェに浮気してしまいそうです(笑)それだけポルシェがカッコよく、素晴らしいクルマということかもしれません。

718ボクスター

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です