レクサスLC ストラクチュラルブルー限定発売!

正確には、コンバーチブル版ストラクチュラルブルーです(笑)

LC500 コンバーチブルがいよいよ7月15日に発売されますが、それと同時に特別仕様車LC500 コンバーチブル“Structural Blue”(ストラクチュラルブルー)が限定発売されます。ストラクチュラルブルー

上記の通り、限定発売となる「ストラクチュラルブルー」。60台限定と極めて少ない台数です。の内40台は、オーナーが優先的に抽選申込と商談権を得られます。残りの20台が一般発売となりますが、狭き門過ぎませんか、レクサスさん!もっとたくさん用意してください!ストラクチュラルブルー

「青の洞窟」をモチーフにカラーコーディネートされ、エクステリアの「ストラクチュラルブルー」とインテリアの「ライムストーン」の組み合わせが採用されました。エクステリアは海の水、インテリアは白い海底をイメージしているというのだから、神秘的な感じがしますね。ストラクチュラルブルー

特別仕様車専用のスカッフプレートはCFRP製。LCコンバーチブルのイラスト入りがイカしてます。ストラクチュラルブルー

この専用ボディカラー「ストラクチュラルブルー」をご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、既に2018年4月にレクサスの日本累計販売台数50万台達成を記念した特別仕様車として、LC500/LC500hの「L Package」をベースに発売されました。この時は今回のコンバーチブルと違い台数の限定はありませんでしたが、販売期間が数か月間しかなかったため、中古車市場のタマ数が少なく稀少性の高い車両になっています。ストラクチュラルブルー

「ストラクチュラルブルー」は光の反射で人間の目には青く見えるという原理で、この原理を再現する顔料に15年の開発期間をかけたというのだからスゴイ!ストラクチュラルブルー

LC500 コンバーチブル「ストラクチュラルブルー」の方に話を戻しますが、車両価格は1,650万円。通常のコンバーチブルが1,500万円で150万円の差があります。このボディカラーと特別装備を加えたこの価格差を高いと見るか、安いと見るかは人によって違うと思いますが、この特別なLCを購入するのにこの価格差は気にならないでしょう。この鮮やかで美しいブルーのLCを所有できるオーナーが羨まし過ぎます。ストラクチュラルブルー

「出典:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/32732194.html?_ga=2.245566147.656974431.1594561732-562762297.1583478529

「出典:https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/21980565.html?_ga=2.253546062.656974431.1594561732-562762297.1583478529