ポルシェ タイカンを体感(タイカン)

ダジャレではないです…(笑)

ポルシェ タイカンが展示されるイベント、「Porsche Taycan Roadshow 2020 in Tokyo」が東京ミッドタウンで開催されました。ポルシェ初のフル電動モデル、タイカンを確かめようと思い、会場に足を運んでみました。今回、展示されていたのは「タイカン ターボ」ですが、タイカンはこのグレードの他に、「ターボ S」「4S」の3グレード設定とのことです。会場スタッフの方のお話ですと、今後ベースグレードも追加される可能性があるとのことです。

タイカン

早速ドライバーズシートに乗り込んでみました。乗り込んだ時の印象は、さすがポルシェ。このタイカンを最初はセダンと意識していましたが、シートに滑り込む感じが、スポーツカーを意識させてくれました。メーターパネルはポルシェの伝統的なアナログメーターではなく、EV車らしくフルデジタルになったとのこと。先進的な印象を受けます。

タイカン

ボディサイズはパナメーラよりは小さいと思っていましたが、なんと全幅はパナメーラを上回る1,966mm(パナメーラは1,937mm)。全長はパナメーラより短いため、リヤシートに座ったときは、「スポーツカーよりは少し広い」くらいといった印象でした。

タイカン

ホイールのデザインが斬新で、20インチも相まって迫力もあります。

タイカン

トランクルームも拝見させてもらいました。ゴルフバッグは斜めにしないと入りませんが、トランクスルーのような使い方をすればまっすぐ入ります。ちなみに、フロントのトランクの容量はかなり小さかったです。

タイカン

電気自動車として気になるライバルは、やはりテスラ。「テスラ Model S」は航続可能距離が約600km。このタイカン ターボは約450kmということで、テスラに分がありますが、バッテリー容量自体、テスラの方が大きいのが理由とのことです。今後はタイカンも改良されて航続距離を伸ばしていくでしょうね。

タイカン

運転席側に「普通充電」、助手席側に「急速充電」と充電ポートが2か所に分かれてあります。運転席側は電子機器が集中しているため、急速充電は助手席側に設置してあるとのことです。

タイカン

会場にはタイカンだけではなく、他のプラグインハイブリッドモデルも展示されていました。
パナメーラ ターボ S E-Hybrid スポーツリスモ

パナメーラ

パナメーラ

カイエン ターボ S E-Hybrid

カイエン

ポルシェはこの5連メーターがやはり似合いますね。

カイエン

会場ではアンケートに答えるとノベルティをいただけました。そこで、クジも引けるのですが抽選で当たると…

ポルシェ

なんと、タイカンのメタルカーをいただきました!

タイカン

タイカン

今日はポルシェ タイカンをじっくり体感した一日でした。最近、ポルシェの話題が多いかもしれません…

タイカン

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です