レクサスUXを検討中の方は、特別仕様車を選ぶべき!

今回のレクサスUXはひと味違うかも

レクサスUXは10月に特別仕様車「Urban Elegance」を発売しました。UXは2020年に特別仕様車を発売するのは今回で三度目となります(一度目は2月発売の「Blue Edition」、二度目は4月発売の「Brown Edition」)。メーカーとして、UXの力の入れようが見て取れます。

今回「レクサスインターナショナル ギャラリー青山」で、その特別仕様車「Urban Elegance」を見に行きました。ux

UXはレクサスSUVのエントリーモデルの位置付けと聞いたことがありますが、今回の特別仕様車は内外装共にエレガントです。グリルフレームは漆黒メッキに、スピンドルグリル、ヘッドランプ、ドアミラーがブラックに塗装され、とてもスポーティーでカッコイイです。ux

ルーフレールも、この特別仕様車ではブラックに塗装されています。リヤコンビネーションランプのフィン型の造形に変更はありませんが、リヤスポイラーの効果を発揮して、空力性能も実現しています。ラゲッジスペースも拝見しましたが、ハイブリッドモデルはバッテリー搭載位置の都合上、ガソリンモデルより容量が不足していましたが、今回の特別仕様車と一部改良によって拡大されたとのことです。ux

ホイールもブラックに塗装。通常仕様ではダークグレーメタリック塗装ですが、ブラックも足元が引き締まる印象です。uxホイール

特別仕様車のインテリアカラーは、「リッチクリーム&ブルー」と「ブラック&ブルー」の二種類が設定されています。この展示車は後者ですが、都会的な空間を演出されていて上質感があります。uxインテリア

この特別仕様車「Urban Elegance」は「version C」をベースにしていますが、価格を比較してみます。

「Urban Elegance」UX250hは472万円。UX200は436万円。
「version C」     UX250hは457万円。UX200は421万円。※AWD車は省略しています。2020年10月現在の価格です。

価格差はそれぞれ15万円!高いでしょうか!?

いやいや、今回の特別仕様車はコスパが良過ぎです!

なんと、「パノラミックビューモニター」、「ブラインドスポットモニター」、「パーキングサポートブレーキ」、「ハンズフリーバックドア」が特別装備され、この価格差です。これらの装備と上記のブラック塗装の仕様を考えると、コスパが非常に良いと思います。今、レクサスUXを購入検討されている方は、この特別仕様車を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。ux

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

レクサスUXを検討中の方は、特別仕様車を選ぶべき!” に対して1件のコメントがあります。

  1. oyayubiSAN より:

    カッコいい~長旅に向いてますよねぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です