新型レクサスISは期待以上!?

レクサスIS 実車はかなりカッコイイ!

2020年11月、レクサスISがマイナーチェンジされました。ISオーナーとしては、非常に気になる存在です。早速、ディーラーに見に行きましたが、今回は成り行きで普段お世話になっているディーラーではなく、別のディーラーに見に行くことになりました。いつもお世話になっているディーラーさん、ごめんなさい。今度改めてゆっくり伺います。
is

この展示車両はレクサスIS 300h「F SPORT」になるので、私の愛車とエンジン、グレード共に同じですが、まるで別の車両のような存在感。今回はエクステリアを中心としたビックマイナーチェンジとスタッフの方に説明を受けましたが、まさにその説明通りで見た目の印象がかなり違います。ボディサイズが従来モデルと比較して、全長+30mm、全幅+30mm、全高+5mmと拡大されているのも、理由の一つかもしれません。
is

「F SPORT」はスピンドルグリルとサイドガーニッシュがピアノブラック塗装されており、このピカピカの艶感が非常に綺麗だと思います。そしてこの展示車両のボディカラーが新色の「ソニッククロム」となりますが、これが落ち着きのある重厚感のあるグレーでした。顔立ちも引き締まった感じで、力強さも感じられます。
is

私の撮影の腕が無いので分かりづらいですが、リヤスポイラーとリヤバンパーロアガーニッシュもピアノブラック塗装です。個人的にはこれがすごく気に入ってしまいました。
isリヤ

タイヤは18インチから19インチへサイズアップされました。「F SPORT」の専用ホイールは機能性を兼ね備えたデザインです。「F SPORT」専用オプションの「オレンジブレーキキャリパー」は、スポーティーさが強調されています。ちなみにこの「オレンジブレーキキャリパー」のオプション価格は、40,000円(税別)とのことです。

インテリアはあまり変更点がありませんが、目に入ってくるナビ画面が、非常に大きくなったのが印象的です。今回のマイナーチェンジでリモートタッチに加えて、直接画面にタッチしてナビの操作ができるようになったと説明を受けました。私はタッチパッド式のリモートタッチがどうも使いづらいので直接タッチする方が良いですが、それはそれでディスプレイに指紋が付くので、どちらが良いのでしょうか…

実車を見た感想としては、かなりスポーティー感が強く全面に出ていて、ネット等で見た印象よりずっと良かったです。セールスもかなり好調だというお話も聞きました。
is

今回は試乗はせずに、カタログをいただいて退散しました。新型ISを隅々まで拝見できて良かったです。今回のマイナーチェンジではエンジンのラインナップに変更は無いですが、2.0Lターボと2.5Lハイブリッドは改良が施されたので、ぜひ機会を見付けて試乗してみようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です