トヨタ・GR86をチェック!

2ドアクーペはやはり素敵

2021年に2代目トヨタ・86が発売になり、車名は「GR 86」と改められました。GRは言うまでもなく、トヨタのスポーツブランドの名称です。パワーユニットは水平対向4気筒が初代から踏襲されたものの、排気量は2.0Lから2.4Lにアップされています。その他の変更点として、ボンネットや左右フロントフェンダー、ルーフにアルミを採用しており、軽量化に重点が置かれています。なお、兄弟車であるBRZとは、フロントマスク以外は共通のデザインになっています。

86

純正マフラーは左右2本出しですが、左右4本出しのGRスポーツマフラーが装着されると、リヤビューの迫力が増されます。リヤフォグランプは、トップグレードのRZのみ装備されています。

86

マットブラックに塗装された18インチアルミホイールはRZのみ採用されていますが、デザイン的にはもう少しスポーティさがほしかった印象です。また、この展示車両には走行安定性の向上のため、GRパーツのカナードが装着されています。

86 ホイール

同じGR86でも、こちらはトムスのパーツが装着された「TOM’S GR86」。フロント、サイド、リヤアンダーの3箇所のディフューザーが、通常モデルよりもさらにスポーティであることを主張しているようです。

86

マフラーのトムスバレルは左右2本出しと4本出しの2種類がラインナップされており、どちらもテールエンドには美しいヒートグラデーションがあしらわれています。このマフラーからどのようなサウンドが発生されるのかが、非常に気になります。

86

86

展示車の2台が乗り込み不可であったため、インテリアはチェックできませんでしたが、RZのシートはスエード調素材と本革の組み合わせで、上質感が感じられそうです。シートのホールド性や着座位置は、別の機会に実際に座って確認しようと思います。
このようなコンパクトなスポーツカーは、国産車では兄弟車のBRZを除くと、マツダ・ロードスターくらいでラインナップとしては非常に少ないですが、これらのモデルがメインターゲットの若者のニーズに応えられるようになると、スポーツカーの未来も明るくなるのかもしれません。

86

【展示車スペック】
車種:トヨタ GR86 (ZN8型)
グレード:RZ(6MT)
エンジン:水平対向4気筒 2.387 L
最高出力:235ps
最大トルク:25.5kgm
年式:2021年式
ボディカラー:スパークレッド
全長×全幅×全高:4,265mm×1,775mm×1,310mm
車両本体価格:3,349,000円
※TOM’S GR86のスペックは省略

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。