レクサスLCを選ぶならクーペか?コンバーチブルか?

レクサスLCの最良の選択は……

レクサスインターナショナルギャラリー青山」は、話題のレクサス車両を展示している特別なショールームです。今回こちらに伺った時には、LCのクーペとコンバーチブルの2台が展示されていました。この2台が並んで展示されているのは、意外とレアかもしれません。ちなみに展示車はLC500h「S package」と、LC500 コンバーチブルです。LCを選択するならば、クーペとコンバーチブルはどちらが良いでしょうか。

レクサスギャラリー

この展示車両はLC500h「S package」で、クーペのハイブリッドモデルになります。LCにはクーペ、コンバーチブルのボディタイプの違いだけでなく、エンジンユニットもV8 5Lエンジンと、V6 3.5Lハイブリッドの2種類が用意されています。ただ、コンバーチブルにはハイブリッドの設定がないので、低燃費や静粛性を意識した走行をされる場合は、クーペ一択になります。

lc

ちなみに、このボディカラーは「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」というオプションカラーで、「カーネリアン」の名前の通り綺麗なオレンジ色で、LCに似合う上質なカラーです。このカラーはLCではクーペ、コンバーチブルの両モデルに設定されていますが、LC以外のモデルではCT、UX、NXの計4車種でしか選択できない希少なカラーです。

lc

こちらはLC500 コンバーチブルですが、流れるようなボディラインはクーペ同様に美しい。ルーフオープン時でもそれは変わらず、気品を感じます。コンバーチブルは前述の通りハイブリッドの設定はなく、LFAのエンジンサウンドを継承したV8 5Lエンジンを搭載しているため、ドライバーはそのサウンドに高揚感を覚えることでしょう。またコンバーチブルでは、この展示車両と同じ仕様のホワイトノーヴァのボディカラーと、オーカーのインテリアカラーの組み合わせが人気のようです。

LC コンバーチブル

【以前のLCコンバーチブルの試乗の記事はこちら】

レクサスLCコンバーチブルは快感を得られるクルマ!

LCのクーペかコンバーチブルかのどちらが良いかという問いに対しては、簡単には結論が出せません!レクサスのラグジュアリークーペの名前に相応しく、両モデル共に非常に素晴らしいデザインとスペックを持ち合わせておりますので、どちらを選んでも十分満足できると思います。
「LC」車名の由来は、「ラグジュアリークーペ」であると同時に「レクサスチャレンジ」という意味も込められているので、今後どのような「チャレンジ」をしてくれるのか、非常に楽しみです。

LC コンバーチブル

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です