レクサスLCを選ぶならクーペか?コンバーチブルか?

レクサスLCの最良の選択は…

レクサスインターナショナルギャラリー青山」は、話題のレクサスモデルを展示している特別なショールームです。今回こちらでは、LCのクーペとコンバーチブルの2台が展示されていました。この2台が並んで展示されているのは、意外とレアかもしれません。ちなみに展示車はクーペのLC500h「S package」と、LC500コンバーチブルです。LCを選択するならば、クーペとコンバーチブルはどちらが魅力的でしょうか。

レクサスギャラリー

LCにはクーペとコンバーチブルのボディタイプの違いだけでなく、パワーユニットもV8 5Lエンジンと、V6 3.5Lハイブリッドの2種類が用意されています。ただ、コンバーチブルにはハイブリッドの設定がないので、低燃費や静粛性を求める場合はクーペのハイブリッド一択になります。

lc

LC500h「S package」

ちなみに、展示車のボディカラーは「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」というオプションカラーで、「カーネリアン」の名前の通り綺麗なオレンジ色です。付け加えると、LCにはクーペ、コンバーチブル共に、「ブレージングカーネリアン」以外にも「ラディアントレッド」と「ネープルスイエロー」というオプションカラーがあり、どのカラーも鮮やかで美しく、LCの上質な存在感を際立たせてくれます。

lc

コンバーチブルの方は、流れるようなボディラインがクーペ同様にエレガントです。ルーフオープン時でもそれは変わらず、気品を感じます。LFAから継承されたエンジンサウンドは、ドライバーが高揚感を覚えること間違いありません。またコンバーチブルでは、この展示車両と同じ仕様のホワイトノーヴァのボディカラーと、オーカーのインテリアカラーの組み合わせが人気のようで、私が以前にディーラーで試乗したのもこの仕様でした。

LC コンバーチブル

LC500 コンバーチブル

LCのクーペかコンバーチブルのどちらが魅力的かという問いに対しては、答えはありません!LCはレクサスのラグジュアリークーペの名前の通り、革新的なデザイン、高品質なインテリア、フラッグシップに相応しい運動性能を有しています。クーペやコンバーチブルといったボディの違いや優劣を語る必要はなく、LCがそれらを体現しているモデルであることが重要だと考えます。LCも発売されて4年が経過したので、熟成期に向けて今後の進化にも期待したいと思います。

LC コンバーチブル

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。